• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鬼怒川温泉2歳児転落事故 男児助かり父親行方不明のナゼ

 いたたまれない事故だ。19日、栃木県日光市の鬼怒川温泉ふれあい橋から2歳の男児が転落。無事保護されたが、捜しに行った父親の山家竜司さん(41)は依然として行方不明のままだ。

 悲劇は花火大会が始まる直前に起きた。その日は「ふれあい橋上夜まつり」の最終日。橋の上にはテーブルや椅子が置かれ、家族連れなど約100人がビールを飲みながら、川の上流から花火が打ち上げられるのを待っていた。

 山家さんは家族5人で近くのホテルに宿泊。目撃者によると、午後9時前、山家さんは花火を見せようと2歳の次男を抱きかかえ、約1メートル50センチの高さの欄干に子どものお腹が触れる状態で、身を乗り出すように川をのぞきこんでいた。次男が体勢を変えようとしたのか、何かの拍子で山家さんの両手からスルリと滑り、横向きの状態のまま橋の上から転落。山家さんは一目散に橋のたもとから河原に駆け下り、そのまま行方不明に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事