山林に26歳女性遺体 自殺した44歳交際相手の“華麗な経歴”

公開日: 更新日:

 一方、菜緒さんはその後、人材派遣会社の子会社であるシステム開発会社に転籍。勤務態度は良好で、社内の飲み会にも積極的に参加する社交的なタイプだったという。

 同僚と言っても、親会社の幹部と子会社の一従業員だった2人が、Aの自宅で一緒に暮らし始めたのが、菜緒さんが入社して9カ月後の昨年12月のことだ。
 
 そして同棲開始から8カ月後の今年8月10日、菜緒さんは「(Aに)別れを告げたところ、『死にたい』と言って別れてくれない」と田園調布署に相談。同署はAに警告したという。
 
「2月と6月にも別れ話が出ていたそうで、業を煮やして警察に相談したそうです。が、その後も菜緒さんはAとの関係をズルズル続け、その一方で32歳のBさんと交際していた。Bさんとは婚約話も持ち上がっていたらしく、8月14日、Bさんが『(菜緒さんと)連絡が取れない』と警察に相談。心配した田園調布署員がAの自宅を訪ねたところ、2人は部屋で仲良さげにしていて、菜緒さんは『今後も(Aと)付き合います』と話したそうです。署員も拍子抜けしたみたいで、警察の対応はそこで終了した」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る