• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7年で十数人の連続レイプ犯か 44歳元ホンダ社員の“素性”

 7年にわたって十数人を襲った連続レイプ犯の可能性が出てきている。5日に住居侵入と強姦致傷の疑いで三重県警に再々逮捕された本田技研工業の元社員で、鈴鹿製作所に勤務していた原田義人容疑者(44=鈴鹿市西庄内町)。

 今回の再々逮捕の容疑は2012年8月の未明、40代女性のアパートに侵入し、乱暴してけがを負わせた疑いだが、この男、13年9月の未明にも20代女性のアパートに侵入し、乱暴した疑いで8月10日に再逮捕されている(強姦罪などで起訴済み)。
 
 コトの発端は、8月3日の窃盗容疑での逮捕だった。
 
 その日の未明、原田容疑者は人けのない鈴鹿市内の住宅街を歩いていた。パトカーが通りかかると、一瞬、逃げるような素振りを見せたため、捜査員が職務質問をかけた。鈴鹿署に任意同行された原田容疑者は、今年6月12日に鈴鹿市内のサラリーマン(31)宅に侵入し、デジタルカメラなど20点を盗んだことを認めたという。最初の逮捕は窃盗容疑だったが、お縄になったことで観念したのか、原田容疑者は調べに対し、自ら「いくつもやっています」と、一連の強姦容疑についても供述し始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事