• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイから密輸した54歳男逮捕 希少サル“運び屋”の報酬は

 あのベッキーも飼っていた東南アジアの希少なサルだ。

 絶滅の恐れがあることから、商業目的の国際取引が禁止されている「レッサースローロリス」を、タイから密輸しようとした男が逮捕された。11日、関税法違反(無許可輸入)未遂の疑いで千葉県警などに捕まったのは、無職の又耒晃容疑者(54=東京都葛飾区)。

 スローロリス属は全種が2007年9月から国内流通規制の対象となっており、売買や貸借などの譲り渡しは原則として禁止。違反した場合は、5年以下の懲役か、500万円以下(法人の場合は1億円以下)の罰金が科せられる。

「又耒容疑者は今年4月、腹部のコルセットの間にレッサースローロリス4匹を隠して密輸しようとしましたが、成田空港の税関検査でバレました。又耒容疑者は『ペットとして飼おうとしていた』と供述していますが、スローロリスが規制対象となった07年9月以降、タイに91回も渡航している。運び屋とみられています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事