• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13歳少女と4000円で援交 “やる気スイッチマン”の裏の顔

「中2の少女にやる気スイッチが入ってしまったんですね」などとネット上で揶揄されている。

 中2の女子生徒(13)にカネを渡すと約束してみだらな行為をした児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、14日までに警視庁神田署に逮捕された自営業の大塚隆司容疑者(48=埼玉県志木市)。大塚容疑者は塾講師としての経験を基に、よりよい親子関係をつくるための講演やワークショップを各地で開き、「思春期専門カウンセラー」「やる気スイッチマン」などと自称していた。

 それなのに、だ。
 
 ツイッターで援助交際を呼びかける女子生徒の書き込みを見つけた大塚容疑者は、いさめるどころかいそいそと連絡を取り、現金4000円を渡すと約束。7月23日、東京都荒川区のホテルにしけ込んで、みだらな行為にふけったという。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事