• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寮長が入所者を撲殺…無料低額宿泊所“貧困ビジネス”の闇

 生活に窮した女性向けの無料低額宿泊所「さくらグリーンハウス市川」で8月、入所者の川久保儀子さん(84=当時)を死なせた傷害致死などの疑いで、施設長の生田玲子容疑者(55=市川市北方町)が19日、千葉県警に逮捕された。

 生田容疑者は8月4日、同宿泊所で川久保さんに殴る蹴るなどの暴行を加えた上、同月27日にも殴打や足蹴りなどを繰り返し、死亡させた疑い。生田容疑者は「(川久保さんは)言うことを聞かない」と、周囲に漏らしていたという。川久保さんの遺体には、古いものから新しいものまで複数の打撲痕があったことから、日常的に暴行を受けていたとみられている。

「生田容疑者は昨年7月から同宿泊所に住み込み、1人で食事の調理や施設管理を担当、生活相談にも乗っていました。入所者からは『寮長』と呼ばれていた。川久保さんは今年5月に入所。事件当時は川久保さんを含め、18部屋に10~80代の女性が17人いました。生田容疑者は別の入所者を突き飛ばしたり、怒鳴り散らすなど、複数人に対し、日常的にいじめや暴力を振るっていた。川久保さんへの暴行についても、口外しないよう、入所者を脅していました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事