• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病気をして「悔い改め」 川崎通り魔の都合が良すぎる懺悔

「刑務所を出たら、またやってしまうと思った」――06年に川崎市宮前区で起きた通り魔殺人事件で神奈川県警に逮捕された、服役中の鈴木洋一受刑者(37)は自白に至った理由について、そう供述しているという。

 また、昨年1月に獄中から県警に送ったはがきには、脳梗塞を患って体調を崩し、「病気をして悔い改めたくなった」などと記してあった。

 その後の任意の聴取では「(英国の)切り裂きジャックに憧れていた」「女性に虐待された経験があり、女性を刺したい気持ちになった」などと話したという。

 “告解”と受け取れなくもないが、鈴木受刑者を知る関係者は懐疑的だ。

「鈴木受刑者の同級生らの話によると、鈴木受刑者の女好きは有名で、高校1年の頃にも友達の彼女にちょっかいを出し、袋叩きに遭ったことがあるそうです。鈴木受刑者は内弁慶でDV癖があり、外ではニコニコ、家では親に暴力を振るっていたと聞いています。事件当時、会社員だった鈴木受刑者には妻と2人の子供がいて、近所では『子煩悩で家庭的なお父さん』で通っていましたが、実際には連続通り魔だったわけですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る