• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病気をして「悔い改め」 川崎通り魔の都合が良すぎる懺悔

「刑務所を出たら、またやってしまうと思った」――06年に川崎市宮前区で起きた通り魔殺人事件で神奈川県警に逮捕された、服役中の鈴木洋一受刑者(37)は自白に至った理由について、そう供述しているという。

 また、昨年1月に獄中から県警に送ったはがきには、脳梗塞を患って体調を崩し、「病気をして悔い改めたくなった」などと記してあった。

 その後の任意の聴取では「(英国の)切り裂きジャックに憧れていた」「女性に虐待された経験があり、女性を刺したい気持ちになった」などと話したという。

 “告解”と受け取れなくもないが、鈴木受刑者を知る関係者は懐疑的だ。

「鈴木受刑者の同級生らの話によると、鈴木受刑者の女好きは有名で、高校1年の頃にも友達の彼女にちょっかいを出し、袋叩きに遭ったことがあるそうです。鈴木受刑者は内弁慶でDV癖があり、外ではニコニコ、家では親に暴力を振るっていたと聞いています。事件当時、会社員だった鈴木受刑者には妻と2人の子供がいて、近所では『子煩悩で家庭的なお父さん』で通っていましたが、実際には連続通り魔だったわけですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る