日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国で相次ぐ交通トラブル “キレる”ドライバーたちの実態

 今年6月、東名高速道路でワゴン車に大型トラックが追突して、夫婦が死亡。この手の交通トラブルが、全国各地で相次いでいる。

 16日午前1時45分ごろ、愛知県弥富市の片側2車線の国道で起きた事故は、30代の乗用車運転手と40代のトラック運転手の車線変更をめぐるいざこざが原因だった。

「乗用車の運転手が、走行車線を走るトラックの進路をふさぐように車を止めた。車外に出た途端、2人は追い越し車線で取っ組み合いの喧嘩を始めた。トラックの運転手が馬乗りになった時、後ろから走ってきたハイエースにはねられ、30代の運転手は約3メートル引きずられて肋骨や骨盤を折る重傷を負い、トラックの運転手も肩を脱臼した」(愛知県警関係者)

 18日午前2時50分ごろには、兵庫県加古川市の自動車専用道路で後続車の会社員(18)を「殺すぞ」と脅したとして、同市平岡町の自動車修理業の古東巧行容疑者(36)が暴力行為法違反の疑いで同県警に逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事