日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

傷害で逮捕のフジ社員 男性の顔面を踏みつけた本当の理由

 酒に酔って路上でトラブルになった男性の顔面を何度も踏みつけたとして、フジテレビ営業局社員の松原弘樹容疑者(29=東京都江東区)が23日、傷害の疑いで大阪府警曽根崎署に逮捕された。

 松原容疑者は今年6月までフジテレビの関西支社勤務で、6月21日午前4時ごろ、当時住んでいた大阪市北区の自宅マンション近くで、兵庫県尼崎市の会社員A男さん(45)を転倒させ、顔面を踏みつけ、外傷くも膜下出血などで1週間のケガを負わせた疑い。

 ちなみに、松原容疑者は関西学院大時代にアメフト部に所属。身長180センチの巨漢だ。

 関係者によると、松原容疑者はその日、深夜まで女性と2人で酒を飲み、タクシーで帰宅した。

「女性はそのままタクシーに乗って帰ろうとしたのですが、松原容疑者が車内で女性を口説き始めた。運転手に『降りていただけますか』と促されても、なかなか降りようとしなかったそうです。路上では、A男さんと連れの女性B子さんの2人が入れ替わりでタクシーに乗ろうと待っていたのですが、いっこうに松原容疑者が降りようとしなかった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事