デヴィ夫人被害 2億円超横領した元経理担当の意外な経歴

公開日:  更新日:

 横領した2億6000万円は、オンナにつぎ込んでいた。

 タレントのデヴィ夫人(77)が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」(東京都渋谷区)の運営費を着服したとして、警視庁は26日、元経理担当の辻村秀一郎容疑者(60=新宿区新宿)を業務上横領の疑いで逮捕した。

 デヴィ夫人が昨年9月、税理士に資産運用の相談をした際、預金額が減っていることに気づき、辻村容疑者の不正が発覚。2011年2月から5年半の間に事務所の口座から使途不明な引き出しが約300回あり、不明金は計約1億7000万円に上る。

 事務所によれば、毎年、納税の時期になると、辻村容疑者から「お金が足りない」と言われ、銀行から計6200万円を借り入れ、被害総額は計2億6812万6600円に及ぶという。


 辻村容疑者は11年2月、新宿区の税理士事務所から派遣され、経理を担当。会計士、税理士の資格はなかったが、07年にライザップグループの「健康コーポレーション」が公表した文書には、瀬戸健社長と連名で「経理財務部長 辻村秀一郎」と記載されている。民間企業で実務を覚えたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る