一軒家に密造工場が 危険ドラッグ密売グループの巧妙手口

公開日:

 足掛け3年、ついに密売グループのアジトを摘発した。

 危険ドラッグを製造販売したとして、関東信越厚生局麻薬取締部が今年9月、医薬品医療機器法違反の疑いで無職の岩村学容疑者(50=東京都世田谷区)ら23~76歳の男女8人を逮捕したことが、分かった。押収した危険ドラッグの原料となるハーブは約1.6トンで、商品化すると52万個相当になる。押収量としては国内最大規模で、末端価格は30億円以上に上るという。

 捜査員が家宅捜索したのは、川崎市の閑静な住宅街に立つ木造2階建ての一軒家。その密造工場に一歩足を踏み入れた瞬間、我が目を疑ったという。

「ハーブの他にも大麻種子、液状の危険ドラッグ、ハーブに混ぜる粉末や植物片、包装済みの商品もあった。市場に出回っている商品とは別に、せっけんのような形に加工したものや幻覚キノコ類、危険ドラッグの代替品の笑気ガス『シバガス』が入ったボトルも1000本ほど見つかったそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る