• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国5カ所「アレフ」施設を家宅捜索 書面を交付せず勧誘

 オウム真理教の後継団体「Aleph(アレフ)」の信者が、仏教の勉強会を装って女性を勧誘した際、必要な書面を交付せずに入会契約させたとして、北海道警は13日、特定商取引法違反(書面不交付)の容疑で札幌市白石区や福岡市の教団施設など5カ所を130人態勢で家宅捜索した。

 白石区の施設は全国の教団施設で最大規模で、捜査員約40人が捜索した。

 道警によると、アレフの男性信者が2月、札幌市内の20代女性に対し、仏教の勉強会を装い受講を勧誘。

 女性が「アレフではないか」と聞くと、男性信者は「違う」と答え、必要な書面を交付しないまま数万円を受け取って入会契約をさせた。道警は教団による勧誘活動の実態を調べる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る