• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

背任で再逮捕 納骨堂運営“組長元妻”社長の億ション暮らし

「来て見て便利な梅旧院」――関西ではお馴染みのテレビCMのフレーズ。

 大阪府警捜査4課は20日、暴力団に資金を提供し、宗教法人に損害を与えたとして、ビル型納骨堂「梅旧院光明殿」を運営する「光明殿」(大阪市浪速区)社長の山口幸子被告(63=法人税法違反などで起訴)を背任容疑で再逮捕した。

 幸子容疑者は、元夫で暴力団6代目山口組直系「吉川組」組長の山口俊平容疑者(68=背任の疑いで逮捕)と共謀し、2014年3月下旬、俊平容疑者が仏壇に関する「特許」を宗教法人「梅旧院」に売却したように装い、3500万円支払わせた疑い。売却に使われた特許は、納骨壇を開くと画面に遺影が現れるというものだったが、10年に特許権が失効し、すでに価値はなかった。

「カネは大阪市内の喫茶店で、幸子容疑者から直接、現金で手渡された。俊平容疑者は同年4月『直参』と呼ばれる直系組長に昇格し、同市中央区内に事務所が入るビルを購入。さらに直参になるためには山口組総本部に数千万円の上納金を支払わなければならず、それらの資金に使われた可能性が高い。そのほかにもかなりの金が幸子容疑者から俊平容疑者に流れたようです」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事