• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W不倫相手が腹上死…ラブホ放置で逮捕された51歳女の情事

 昼下がりの情事の末の悲劇だった。

 不倫がバレるのを恐れ、意識不明になった男性会社員(52)をラブホテルに放置したとして、兵庫県警有馬署は23日、神戸市北区に住むパートのA子(51)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。

 A子と男性は、日本三古湯のひとつである有馬温泉のホテルで働いていて、約1年前から不倫関係に。共に家族がいる“W不倫”だった。

 前日の22日、女は仕事が休みだったため、男性の勤務が終わるのを待って、職場から車で15分ほどの六甲山のラブホテルにしけ込んだ。時間は午後3時過ぎ。まさに2人が合体中、男性が突然意識を失い、息をしなくなったという。

「女は応急手当もせず、男性をほったらかしにして慌てて服を着て部屋を飛び出し、1階まで降りてホテルから外に出ようとした。しかし、料金を支払わないとドアが開かないシステムになっていて、あたふたしていたそうです。『何をしてるんやろ?』と不審に思った従業員が声を掛けたところ、『一緒にいた人が意識を失った』と話したので、部屋まで確認に行ったら、男性が倒れていた。それですぐに救急車を呼んだのです。捜査員がA子に事情を聞くと、『不倫がバレると思ったから逃げた』と供述したため、逮捕に至った」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事