神戸52歳社長とカラオケ中…200万円盗んだ21歳元ホステス

公開日:

 なぜ、そんな大金を持ってカラオケに行ったのか。

 神戸市内のカラオケ店で連れの男性(52)のカバンから現金200万円を盗んだとして、兵庫県警は28日、21歳の無職の女(同市長田区)を窃盗の疑いで逮捕した。

 女は元ホステスで、男性は同市兵庫区にある不動産会社の社長。1年ほど前にクラブで知り合い、2人でよく食事やカラオケをしていたという。10月20日午後9時30分ごろ、夕食を済ませた後、須磨区のパチンコ店や飲食店、酒屋などのテナントが入る商業施設内にあるカラオケ店に行った。料金は平日夜で30分290円の店だ。女は男性が目を離した隙に、黒い手提げカバンの中から現金200万円入りの封筒を抜き取った。

 しかし、その夜は何事もなかったように、2人は別れたという。翌日になって、男性がカバンの中に入れたはずの現金がなくなっていることに気付き、慌てて警察に届け出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る