• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神戸52歳社長とカラオケ中…200万円盗んだ21歳元ホステス

 なぜ、そんな大金を持ってカラオケに行ったのか。

 神戸市内のカラオケ店で連れの男性(52)のカバンから現金200万円を盗んだとして、兵庫県警は28日、21歳の無職の女(同市長田区)を窃盗の疑いで逮捕した。

 女は元ホステスで、男性は同市兵庫区にある不動産会社の社長。1年ほど前にクラブで知り合い、2人でよく食事やカラオケをしていたという。10月20日午後9時30分ごろ、夕食を済ませた後、須磨区のパチンコ店や飲食店、酒屋などのテナントが入る商業施設内にあるカラオケ店に行った。料金は平日夜で30分290円の店だ。女は男性が目を離した隙に、黒い手提げカバンの中から現金200万円入りの封筒を抜き取った。

 しかし、その夜は何事もなかったように、2人は別れたという。翌日になって、男性がカバンの中に入れたはずの現金がなくなっていることに気付き、慌てて警察に届け出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  7. 7

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る