女性に体液をかけて逮捕 長野五輪銅メダリストは常習犯か

公開日:

「かけるつもりはなかった」――本人は容疑を否認しているというが、そういう問題じゃないだろう。

 電車内で女性に体液をかけた暴行の疑いで、長野五輪のスピードスケート・ショートトラック銅メダリスト、植松仁容疑者(43=岐阜県羽島市)が11月30日、愛知県警に逮捕された。

 植松容疑者は4月14日金曜日の朝7時50分~8時5分ごろ、名鉄名古屋本線の金山―知立間を走行中の特急電車内で自慰行為にふけった。果てに、乗客の女性(21)がはいていたストッキングの右足の甲の部分に体液をかけた疑いだ。

「女性が県警に相談し、駅の防犯カメラなどから植松容疑者が浮上しましたが、満員の通勤ラッシュを狙った常習犯と見る捜査員もいる。植松容疑者は犯行の翌日、自分のフェイスブックに、カフェで報告書などの資料を作成などと書き込んでいます。それも何事もなかったかのように、というのが、どうも引っかかる。植松容疑者は体液を『出した』ことは認めていますが、『かけるつもりはなかった』と話しています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る