• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

富岡八幡宮事件の裏に跡目争い 自殺の弟に姉脅迫の逮捕歴

 骨肉の争いの果ての惨劇なのか――。

 7日起きた東京・江東区の富岡八幡宮での殺害事件。1627年創建、江戸勧進相撲発祥の地として知られる由緒ある神社で、日本刀とサバイバルナイフが振りかざされ、3人が死亡。それも、弟が姉の宮司を襲い、自殺を図るという衝撃の事件だ。

 殺されたのは、富岡八幡宮の宮司の富岡長子さん(58)で、襲ったのは弟の富岡茂永容疑者(56)と、一緒にいた妻とみられる30代くらいの女。2人は富岡さんを待ち伏せして車から降りてきたところを日本刀で切り付け、その後境内に入って、弟が女の胸などを刺して殺害、自殺したとみられている。富岡さんの運転手(33)も腕などを切られた。

■怪文書や脅迫文も

 富岡さんと弟の間には10年以上前からトラブルがあったようだ。もともと弟が父親の後を継いで宮司となったが、2001年に退任。父親が復帰し、10年に後継として富岡さんを指名した。この間、06年には弟は富岡さんに対し、「必ず今年中に決着をつけてやる。覚悟しておけ」「積年の恨み。地獄へ送る」などと書いたはがきを送りつけ、脅迫容疑で逮捕されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る