• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

息子に跡取りを…富岡八幡宮事件は容疑者の“自爆テロ”か

「わが子かわいさの“自爆テロ”だったんじゃないか」

 そう話す氏子もいる。東京都江東区の富岡八幡宮4人死傷事件は、宮司の座を追われた弟の富岡茂永容疑者(56)が、宮司の姉・長子さん(58)を逆恨みした揚げ句に惨殺し、自殺……とみられているが、もっと根深い裏事情があるようだ。

 そもそも茂永容疑者が16年前に神社を追われたのは、異常なほど女癖が悪かったからだ。

「2回の離婚はすべて浮気が原因で、愛人だったホステスを3番目の妻にした。あまりの乱倫ぶりに、宮司だった父親の興永さん(2012年死去)から勘当同然で追い出されています」(氏子)

 そして興永さんに代わり、10年から宮司代務者として神社を仕切っていたのが長子さんだった。

「茂永容疑者は外国籍の最初の妻と1男1女をもうけている。現在30代の息子のAクンは、かつて富岡八幡宮の職員として働いていて、跡取りとみる向きもありましたが、11年に長子さんから懲戒解雇されたそうです。Aクンは不当解雇だと訴えを起こしましたが、敗訴。『もう戻してあげたら』という同情的な声もありましたが、長子さんは『私の目の黒いうちは』と頑として譲らなかったそうです」(前出の氏子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事