息子に跡取りを…富岡八幡宮事件は容疑者の“自爆テロ”か

公開日:

「わが子かわいさの“自爆テロ”だったんじゃないか」

 そう話す氏子もいる。東京都江東区の富岡八幡宮4人死傷事件は、宮司の座を追われた弟の富岡茂永容疑者(56)が、宮司の姉・長子さん(58)を逆恨みした揚げ句に惨殺し、自殺……とみられているが、もっと根深い裏事情があるようだ。

 そもそも茂永容疑者が16年前に神社を追われたのは、異常なほど女癖が悪かったからだ。

「2回の離婚はすべて浮気が原因で、愛人だったホステスを3番目の妻にした。あまりの乱倫ぶりに、宮司だった父親の興永さん(2012年死去)から勘当同然で追い出されています」(氏子)

 そして興永さんに代わり、10年から宮司代務者として神社を仕切っていたのが長子さんだった。

「茂永容疑者は外国籍の最初の妻と1男1女をもうけている。現在30代の息子のAクンは、かつて富岡八幡宮の職員として働いていて、跡取りとみる向きもありましたが、11年に長子さんから懲戒解雇されたそうです。Aクンは不当解雇だと訴えを起こしましたが、敗訴。『もう戻してあげたら』という同情的な声もありましたが、長子さんは『私の目の黒いうちは』と頑として譲らなかったそうです」(前出の氏子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る