• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

富岡八幡宮4人死傷 容疑者の“遺言”とメッタ刺しの動機

 12月7日、東京都江東区の富岡八幡宮の宮司、富岡長子さん(58)ら4人が死傷した事件は、弟で元宮司の茂永容疑者(56)の怨恨による犯行との見方が強まっている。日刊ゲンダイは茂永容疑者が犯行直前に神社関係者宛てに投函した“遺書”同然の手紙を入手した。

〈ご関係者の皆様〉と題された手紙はA4サイズで8枚。茂永容疑者のものとみられる署名と“血判”のようなものが押印されていた。手紙には長子さんへの恨み言が書き連ねられており、長子さんの富岡八幡宮からの追放や茂永容疑者の息子を宮司にすることを要求。「実行されなかった時は、死後においても怨霊となり、祟り続ける」などと記されている。

 茂永容疑者が宮司の座を追われたのは16年前だが、富岡家の“お家騒動”は30年にも及ぶらしい。手紙には〈父を補佐し、お家の危機を救った私を騙し、クーデターを画策するなど夢にも思わなかった〉とつづられている。凄まじいのが長子さんに対する誹謗中傷だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る