富岡八幡宮4人死傷 容疑者の“遺言”とメッタ刺しの動機

公開日:

 12月7日、東京都江東区の富岡八幡宮の宮司、富岡長子さん(58)ら4人が死傷した事件は、弟で元宮司の茂永容疑者(56)の怨恨による犯行との見方が強まっている。日刊ゲンダイは茂永容疑者が犯行直前に神社関係者宛てに投函した“遺書”同然の手紙を入手した。

〈ご関係者の皆様〉と題された手紙はA4サイズで8枚。茂永容疑者のものとみられる署名と“血判”のようなものが押印されていた。手紙には長子さんへの恨み言が書き連ねられており、長子さんの富岡八幡宮からの追放や茂永容疑者の息子を宮司にすることを要求。「実行されなかった時は、死後においても怨霊となり、祟り続ける」などと記されている。

 茂永容疑者が宮司の座を追われたのは16年前だが、富岡家の“お家騒動”は30年にも及ぶらしい。手紙には〈父を補佐し、お家の危機を救った私を騙し、クーデターを画策するなど夢にも思わなかった〉とつづられている。凄まじいのが長子さんに対する誹謗中傷だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る