• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

超高金利 宗教法人を装ったヤミ金グループのあこぎな手口

 宗教法人を装い、6億円近い暴利をむさぼっていた「ヤミ金グループ」がパクられた。

 兵庫、佐賀、新潟県警の合同捜査本部は12日、違法な高金利でカネを貸し付けていたとして、出資法違反(超高金利)と貸金業法違反(無登録営業)の疑いで佐賀県伊万里市の宗教法人「至誠光魂寺」代表の立石扇山(77)、息子の俊二両容疑者(41)ら男女5人を再逮捕した。

 立石容疑者らは2015年5~8月、京都府と宮崎県の中小企業経営者にそれぞれ30万円を貸し付け、2人から法定金利を超える利息12万円ずつを受け取った疑い。利息分の名目は「核廃絶を願って長崎に慈愛の女神像を建立すための寄付」というでっち上げだった。立石容疑者は10年7月、長崎市に一般社団法人「長崎女神平和公園振興会」を設立し、代表理事に就任。同年9月に宗教法人設立の認証を受けている。

「カネを貸して欲しければ、『至誠光魂寺の賛助会員になって、寄付をしろ』というのが、条件です。宗教法人の場合、法律上、非営利であれば生活に苦しむ信者に融資することが認められている。お布施や献金などは非課税ですから、そこに目をつけた。過去に例がない、実に巧妙であくどい手口です。経営が厳しい中小企業の経営者をターゲットにして、融資額に寄付金分を上乗せした約束手形を切るよう指示。借りた方は不渡りを出すわけにはいかないから、必死で返済します。運転資金に苦しむ経営者が寄付をする余裕なんてありません。非営利ということにして30万円貸し、プラス12万円も取り立てていた。12万円は信者からの寄付ということにしていたのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事