• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

死者4人の惨事に 半焼さいたまソープ「Kawaii」の“評判”

 さいたま市のソープランド火災は4人が死亡する惨事となった。17日午後2時ごろ同市大宮区宮町の「Kawaii大宮」から119番通報があり、消防が駆けつけて11人を病院に搬送。そのうち20~30代くらいの女性2人と40代くらいの男性の死亡が確認されたほか、店内の3階から性別不明の遺体が見つかった。死者4人のほか重体1人という痛ましい結果となった。

 現場は大宮駅から徒歩5分の「北銀座」と呼ばれる一帯で、Kawaii大宮は3階建てビルを使っていた。料金は40分1万5000円~80分2万6000円。1階で受け付けを済ませて3階の待合室に通され、1階と2階のプレールームで女性からサービスしてもらう仕組みだった。店舗形態はソープだが、個室が狭いためマットプレーはなかったようだ。

■20代がズラリの人気店

 同店のHPには19~26歳の女性がズラリ。ネットでの評判は悪くない。「気持ちよく発射できました」「キスも積極的にしてきてくれたので嬉しかったですね」「惚れてしまう……」「とにかく一回はこのお店に行くことをオススメする」と大多数がプラス評価。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事