• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出入り女性と深い仲に…京大卒警察庁キャリアの“能天気”

 セックスの代償は大きかった――。

 警察庁は45歳のキャリア職員が出入り業者の女性に飲食費などを払わせていた問題で、この職員の懲戒処分を発表。女性に65万円分を負担させたとして停職1カ月。職員は15日付で辞職した。

 この問題は今年2月、写真誌「フライデー」の報道で発覚した。同誌によると、警察庁から警視庁交通総務課長に出向していた阿武孝雄氏が2015年11月、交通事故防止の器材などを納入する会社の役員を務める30代のA子さんと深い仲に発展。阿武氏には妻と3人の子供がいるが、A子さんに「妻と別れて君と結婚する」と語り、A子さんはその言葉を信じて関係を続けた。ちなみに彼女は女優の香里奈似という。

 A子さんは食事代やホテル代、タクシー代を払い、「彼のために数百万円使ったと思います」と告白。彼女の経済状態が悪化し、デート費用を出すのが難しくなると、阿武氏の態度が一変し、結婚や同居の話が立ち消えになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事