• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肛門にコンプレッサーで空気 会社員“悶絶死”の悲しい真相

 ちょっとした“悪ふざけ”のつもりが、思わぬ悲劇を招いた。

 職場の同僚の尻にコンプレッサーで空気を入れ、死亡させたとして、埼玉県加須市の会社員、神崎利宏(47)と千葉県松戸市のビヤビセンシオ・ナカモト・トミー・ジョエル(36=ペルー国籍)両容疑者が17日、傷害致死の疑いで埼玉県警に逮捕された。亡くなったのは埼玉県春日部市の小口義之さん(44)。

 3人は産業廃棄物処理業「エコシス埼玉」に勤務。16日正午ごろ、勤務地の埼玉県杉戸町の産業廃棄物処理場で午前中の仕事を終え、昼食に行くため、作業服についたホコリを電動コンプレッサーで吹き飛ばしていた。神崎容疑者とビヤビセンシオ容疑者が、ふざけて小口さんの顔や、ズボンの上から肛門にコンプレッサーを押し当てていたというが、その場では何の問題もなかったという。

「小口さんはそのまま歩いて建物内に入ったのですが、『忘れ物をした』と言って再度、外に出ていきました。その直後に突然、苦しみだし、お腹の不調を訴えたため、神崎さんたち同僚が慌てて春日部市内の病院へ連れて行ったのです」(別の同僚)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事