• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大宮ソープ火災 消火前線の地元民が目にした緊迫修羅場

 日曜午後の書き入れ時に突如発生した17日のさいたま市大宮区のソープランド火災。3階建ての建物延べ約170平方メートルが全焼し、亡くなった4人のうち2人の死因は、20代ぐらいの女性が一酸化炭素中毒、40~50代とみられる男性がやけどだった。

 現場は、JR大宮駅東口から徒歩5分の「Kawaii大宮」。10軒以上のフーゾク店がひしめく「北銀座」一帯にあり、火事の翌日でも早朝から営業する店舗が多い。周囲は依然として焦げ臭いにおいが立ち込め、駐車場に面した「Kawaii大宮」の看板の横にある排気口らしき小窓と扉はすすで真っ黒。炎上した店の横にある駐車場に、花束や飲み物、たばこなどが供えられていた。

 消火活動にあたった地元消防団の60代男性が当時の様子をこう振り返る。

「(火災)発生の一報が携帯に入ったのが午後2時ごろで、数分後に『延焼中』の第2報が届いた。慌てて自宅から現場を見に行き、分団の小屋から消防車を1台出動させて再び現場に戻ったんだ。消防署員と交じって消火活動を始めたのが2時半くらいだったかな。看板の下から店に向かって放水してたんだけど、3階が一番燃えてて、煙が凄くてね。プラスチックのトタン板が熱で溶けたうえに断熱材とか燃えたからなのか、とにかくにおいがキツかった。水を店内に入れる隙間がなくて、延焼を防ぐために周囲と屋根に放水したよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る