日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

別の監禁男性は衰弱死寸前…汚物リンチ5人組“鬼畜の所業”

 今年8月、大阪府堺市の無職渡辺彰宏さん(31=当時)が同市と滋賀県近江八幡市の住宅内で男女5人に監禁され、集団リンチを受け、殺害された事件。

 今月7日、いずれも堺市堺区の無職・萩原真一(39)、アルバイト・井坪政(29)、無職・飯星飛香(29)、同・宮崎佑佳(24)、大阪市住之江区の同・亀井徳嗣(21)の男女5容疑者が、滋賀県警に殺人と監禁の疑いで再逮捕。10日には渡辺さんに糞尿を飲ませたとして、堺市西区のムエタイジム経営者の坂本厚樹容疑者(39)が強要容疑で逮捕された。

 逮捕から2週間が経ち鬼畜たちの供述から、えげつない監禁暴行の様子が明らかになってきた。

 渡辺さんは約5年前、ムエタイジムに入会。そこで知り合った井坪容疑者らのグループと、約2年ぐらい前から一緒に行動するようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事