警視庁公安部も動き始めた 日経本社火災は“テロ”なのか?

公開日:

「ボンッ」。21日午前、東京・大手町の日本経済新聞社の本社ビル2階のトイレの個室でものすごい爆音が鳴り響き、激しい火柱が立った。目撃した清掃員の女性は思わず腰を抜かしてしまったという。ポンプ車など20台が出動して火は1時間後に消し止められたが、スプリンクラーが作動し、日経社屋は水浸し。周囲は一時騒然となった。

「男性の遺体は損傷が激しく、身元が分かる所持品は見つかっていません。警視庁は焼身自殺を図ったとみて、身元や出火原因の特定を進めています。一方でトイレの便器が吹き飛び、ワンルームマンション1部屋分の広さにあたる20平方メートルが焼けていたことから、公安部などはテロの可能性も視野に入れているといいます」(捜査事情通)

 火元のトイレがある2階には、飲食店や書店、喫茶店があり、日経の社員以外も自由に出入りできる。日経本社ビルは東京消防庁の隣にあり、近くには東京メトロ大手町駅や経団連会館もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る