• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警視庁公安部も動き始めた 日経本社火災は“テロ”なのか?

「ボンッ」。21日午前、東京・大手町の日本経済新聞社の本社ビル2階のトイレの個室でものすごい爆音が鳴り響き、激しい火柱が立った。目撃した清掃員の女性は思わず腰を抜かしてしまったという。ポンプ車など20台が出動して火は1時間後に消し止められたが、スプリンクラーが作動し、日経社屋は水浸し。周囲は一時騒然となった。

「男性の遺体は損傷が激しく、身元が分かる所持品は見つかっていません。警視庁は焼身自殺を図ったとみて、身元や出火原因の特定を進めています。一方でトイレの便器が吹き飛び、ワンルームマンション1部屋分の広さにあたる20平方メートルが焼けていたことから、公安部などはテロの可能性も視野に入れているといいます」(捜査事情通)

 火元のトイレがある2階には、飲食店や書店、喫茶店があり、日経の社員以外も自由に出入りできる。日経本社ビルは東京消防庁の隣にあり、近くには東京メトロ大手町駅や経団連会館もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る