酔ってタクシー運転手暴行し逮捕 東京エムケイ社長の酒癖

公開日:

 同業者に乱暴狼藉をはたらいたら、まずいだろう。

 タクシー運転手に対する傷害容疑で21日、警視庁愛宕署に現行犯逮捕された、タクシー会社「東京エムケイ」社長のユ・チャンワン容疑者(54=港区)。

 ユ容疑者は21日午前0時ごろ、JR新橋駅近くの路上で、止まっていた「迎車」の個人タクシーに乗車を拒否されたと勘違いし、運転手の50代男性を路上に倒したうえ、脱げた男性の靴を顔に投げつけるなどして1週間のケガを負わせた疑い。

「ユ容疑者は事件の4、5時間前から知人と酒を飲んでいたようで、『覚えていない』と供述しています」(捜査事情通)

 事件を受け、東京エムケイは同日、ユの社長辞任を発表。「職員、乗務員一丸となって、信頼を取り戻すべく努力していきます」(広報担当者)と平謝りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る