初詣の客足を心配する声 4人殺傷事件の富岡八幡宮は今

公開日:  更新日:

 今月7日に東京都江東区の富岡八幡宮で起こった4人殺傷事件。宮司の富岡長子さん(58)が、弟で元宮司の茂永容疑者(56)に日本刀で殺害された“お家騒動殺人”である。2018年の初詣は、参拝客が激減するとみられている。容疑者が「死後も怨霊となり、永遠にたたり続ける」と書き残して自刃した事件の後、現場はどうなっているのか。26日現場を訪れた。

 現場は、東京メトロ東西線・門前仲町駅から徒歩2分ほどで、居酒屋や甘味処、そば屋などの飲食店が立ち並ぶ「深川仲町通り商店街」の近くだ。平日の昼過ぎでも人通りは絶えないが、商店街の店主らは「初詣の参拝客がどれだけ来るか心配」だという。近所で飲食店を営む70代の女性が肩を落としてこう語った。

「商店街に立ち並ぶお店はどこも、三が日と8月のお祭り(深川八幡祭り)が一番のかき入れ時。特に正月は水を飲む暇もないぐらい毎年忙しいの。三が日に来るお客さんの多くは参拝客だから、初詣に来る人が減ればお客さんも減ってしまう。なんでこんな事件になってしまったのか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る