女性は不起訴に 堺市火だるま事件の重体男性どうなった?

公開日:

「熱い! 痛い! 助けて!」――大阪府堺市西区の商店街で6月、火だるまの男性(47)が電器店に駆け込み、全身やけどで意識不明の重体になった事件。

「ナニ浮気してんねん。その汚い体、消毒したるわ!」と、止まっていた乗用車の中で男性にエタノールをかけたとされる女性(43)は、殺人未遂容疑で大阪府警西堺署に逮捕されたが、大阪地検堺支部は11月7日付で不起訴処分(嫌疑不十分)にした。処分理由は明らかにしていない。

「女性もエタノールをかけたことまでは認めたようですが、まさか男性のたばこの火が全身に燃え広がるとは思いもせえへんかった。殺意は認められなかったいうことでしょう」(捜査事情通)

 男性から助けを求められ、バケツで水をかけて消火に当たり、119番通報もした電器店の店主がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る