• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性は不起訴に 堺市火だるま事件の重体男性どうなった?

「熱い! 痛い! 助けて!」――大阪府堺市西区の商店街で6月、火だるまの男性(47)が電器店に駆け込み、全身やけどで意識不明の重体になった事件。

「ナニ浮気してんねん。その汚い体、消毒したるわ!」と、止まっていた乗用車の中で男性にエタノールをかけたとされる女性(43)は、殺人未遂容疑で大阪府警西堺署に逮捕されたが、大阪地検堺支部は11月7日付で不起訴処分(嫌疑不十分)にした。処分理由は明らかにしていない。

「女性もエタノールをかけたことまでは認めたようですが、まさか男性のたばこの火が全身に燃え広がるとは思いもせえへんかった。殺意は認められなかったいうことでしょう」(捜査事情通)

 男性から助けを求められ、バケツで水をかけて消火に当たり、119番通報もした電器店の店主がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る