自殺願望少女を殺人未遂 逮捕の男は座間事件の模倣犯か

公開日:

「座間9遺体事件の模倣犯か」――ネット上ではそう言われている。

 殺人未遂や未成年者誘拐などの疑いで3日、警視庁八王子署に逮捕された新聞配達員・斎藤一成容疑者(28=東京都八王子市久保山町)。

 斎藤容疑者は昨年末から、ツイッターで「死にたい」と自殺願望をほのめかしていた10代少女と連絡を取り合うように。「殺してあげる」と誘い出し、仕事が休みだった2日に都内の駅で待ち合わせ。同日夕、勤めていた新聞販売店の寮の自室に連れ込み、手やビニールひもで少女の首を絞めて殺そうとした疑いだ。

「手口は座間事件とほぼ同じですが、斎藤容疑者は途中で首を絞めるのをやめ、乱暴しようとした。“本番行為”には及んでいないようですが、斎藤容疑者は翌3日午前2時ごろ、少女を放置したまま、何食わぬ顔で新聞配達へ出かけた。少女はその隙に逃げ出し、関東に住む父親に『助けて』と電話。連絡を受けて駆けつけた警察官が、寮近くの路上で少女を保護しました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る