リンチ2時間 ちゃんこ店主撲殺男は前科10犯元暴力団幹部

公開日:  更新日:

 糸岡さんは午前4時20分、搬送先の病院で左右肺損傷により死亡。誰か識別ができないほど、顔が腫れ上がっていたという。県警は防犯カメラの映像などから2人を割り出し、逮捕に踏み切った。

「2人とも前科モンですが、浜野容疑者は神戸山口組山健組系の元幹部で、極道の世界でも一目置かれるほどの問題児です。集団リンチのうえの死体遺棄、恐喝、傷害、シャブなど、前科は10犯以上ある。組から破門をくらい、土地のブローカーみたいなことをやっていた。これまでムショを出たり、入ったりの生活を繰り返す粗暴犯です。今回も殺人ではなく傷害致死ですから、せいぜい10年のムショ暮らしがいいところ。ああだこうだ言って、罪を軽くしようと企むはずです」(前出の捜査事情通)

 浜野容疑者は「従業員の態度に腹が立った」と供述しているというが、代わりに謝罪をしながら、容赦なく、なぶり殺された糸岡さんがふびんでならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る