• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2000万円詐欺で逮捕 元電通マンに“ライザップ恐喝”の過去

「恐喝」の次は「詐欺」だ。

 2015年6月、会社の買収資金名目で東京都中央区のグッズ販売会社社長(当時50)から現金2000万円をだまし取ったとして、警視庁は12日までに電通元社員の井手智(37)、無職の笹川真人(32)両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。2人は共通の友人を通じて知り合ったという。

 井手容疑者は当時、電通社員で、経営コンサルタント会社の役員を務めていた。

「『ラーメン店の運営会社を買収する計画がある。金が必要なので出して欲しい』と持ち掛け、その場で現金を詐取した。社長は笹川から『電通の社員を紹介する』と言われ、会ったそうです。実際に会社の登記簿を見せられ、電通の社員と知り合いになれば、今後、何かと役に立つのではないかと思い、信用したといいます。井手容疑者が役員を務める会社で買収話があったのは事実ですが、その半年ほど前にポシャっていた」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る