不正流出のNEM “犯人”ハッカーが不可解な送金を繰り返す

公開日:

 仮想通貨取引所「コインチェック」から巨額の仮想通貨「NEM」が流出した事件で、犯人のハッカーが不可解な送金を繰り返していることが分かった。

 犯人は先月26日未明から朝方にかけて約580億円相当のNEMを自分の口座に送金。同日夜までに流出したNEMの大半は別の9口座に移された。その後、なりを潜めていたが、再び動き出したのは30日夜。午後10時33分から約30分の間に、もともとの自分の口座から無関係とみられる9口座に1万1000円相当のNEMを延べ11回送り付けた。

 また、最初に分散送金した9口座のひとつから別の口座に11億円相当を移し、その直後に全額を元に戻した形跡もあるという。

 こうした追跡が可能なのは、あるホワイトハッカーが流出発覚直後に犯人の口座を発見。自分の口座から約80円相当のNEMを送金し、その際にモザイク機能で目印を付けていたためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る