震災と王室に乗じ40億円 コンテナ&コイン詐欺の巧妙手口

公開日:

 1度ならず、2度までもだ。

 架空の「英国ロイヤルベビー記念コイン」の販売を持ち掛け、現金をだまし取ったとして、東京都内の貴金属販売会社「千笑(現ゴールドスター)」元役員の菊地和生容疑者(50)ら6人が31日、警視庁に詐欺の疑いで逮捕された。同庁は逃走中の実質経営者の男(51)の行方を追っている。

 2012年10月から14年2月にかけ、男が経営する別会社「MJホールディングス(HD)」が「コンテナの所有権を1口50万円で買えば、レンタル料として毎月2250円が得られる」と顧客を勧誘。全国から延べ864人、30億7000万円を集めた。

「ちょうど東日本大震災の後で『今後、コンテナを使った仮設住宅が造られるので、かなりの需要がある。右肩上がりです。黙っていてもレンタル料が入ってくる上、人助けにもなります』と言って、金を出させた。被害者の平均年齢は70歳でした」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る