震災と王室に乗じ40億円 コンテナ&コイン詐欺の巧妙手口

公開日:

 1度ならず、2度までもだ。

 架空の「英国ロイヤルベビー記念コイン」の販売を持ち掛け、現金をだまし取ったとして、東京都内の貴金属販売会社「千笑(現ゴールドスター)」元役員の菊地和生容疑者(50)ら6人が31日、警視庁に詐欺の疑いで逮捕された。同庁は逃走中の実質経営者の男(51)の行方を追っている。

 2012年10月から14年2月にかけ、男が経営する別会社「MJホールディングス(HD)」が「コンテナの所有権を1口50万円で買えば、レンタル料として毎月2250円が得られる」と顧客を勧誘。全国から延べ864人、30億7000万円を集めた。

「ちょうど東日本大震災の後で『今後、コンテナを使った仮設住宅が造られるので、かなりの需要がある。右肩上がりです。黙っていてもレンタル料が入ってくる上、人助けにもなります』と言って、金を出させた。被害者の平均年齢は70歳でした」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る