教師は中学生とキスで免職 警察官とどっちが“不道徳”だ?

公開日:

 とんだ女教師がいたもんだ。東京都教育委員会が先月30日付で懲戒免職処分を下した、区立中学校の女性主任教諭(43)の話。

 何でも彼女、昨年1月31日~2月25日の間に、勤めていた中学校の男子生徒と抱き合ったり、校内や自宅でスマホを使って「抱きしめて」などと“性的行為”を誘うような内容を含むLINEのメッセージを送信。さらに2月26日の夕方4時5分ごろ、2人で出かけた遊園地の観覧車の中で男子生徒とキスしたという。

 女性教諭は3月14日の朝8時半ごろ、校長から「男子生徒と連絡を取り合っていないか」と問いただされたが、ウソの報告をしたらしい。で、あえなく懲戒免職に。

 30歳近く年下の男子中学生と“恋人気取り”とはインモラルにもほどがあるが、文科省「公立学校教職員の人事行政状況調査」によると、2016年度にわいせつ行為やセクハラで懲戒処分や訓告を受けた教職員は226人(女性は3人)で、在職者(86万5432人)比で0・02%だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る