教師は中学生とキスで免職 警察官とどっちが“不道徳”だ?

公開日:

 とんだ女教師がいたもんだ。東京都教育委員会が先月30日付で懲戒免職処分を下した、区立中学校の女性主任教諭(43)の話。

 何でも彼女、昨年1月31日~2月25日の間に、勤めていた中学校の男子生徒と抱き合ったり、校内や自宅でスマホを使って「抱きしめて」などと“性的行為”を誘うような内容を含むLINEのメッセージを送信。さらに2月26日の夕方4時5分ごろ、2人で出かけた遊園地の観覧車の中で男子生徒とキスしたという。

 女性教諭は3月14日の朝8時半ごろ、校長から「男子生徒と連絡を取り合っていないか」と問いただされたが、ウソの報告をしたらしい。で、あえなく懲戒免職に。

 30歳近く年下の男子中学生と“恋人気取り”とはインモラルにもほどがあるが、文科省「公立学校教職員の人事行政状況調査」によると、2016年度にわいせつ行為やセクハラで懲戒処分や訓告を受けた教職員は226人(女性は3人)で、在職者(86万5432人)比で0・02%だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る