三角関係のもつれではない? 和歌山女性変死で深まる謎

公開日:  更新日:

 因果関係はまだ明らかになっていない。

 和歌山県御坊市の住宅で2日、この家に住む清掃員の栗田ヨシ子さん(67)が死亡し、交際相手の圦本晃さん(80)が意識不明で倒れているのが見つかった。

 和歌山県警御坊署が近くに住む、別の交際相手の無職、谷本マチ子容疑者(64)に事情を聴いたところ、1月22日から23日の間に圦本さんを殴ったことを認めたため、3日、傷害容疑で逮捕した。

 圦本さんが、栗田さんと谷本容疑者とそれぞれ交際していたことから、テレビやネット上では「三角関係のもつれか」と、大騒ぎになっているが、話はややこしい。

 圦本さんは妻子ある身にもかかわらず、10年ほど前に引っ越してきた栗田さんの家に出入り。その日(22日)もいつものように一人暮らしの栗田さん宅にいた。深夜、谷本容疑者が栗田さん宅に押し掛け、その場で口論になった。逆上した谷本容疑者は圦本さんの顔を拳などで数回殴ってケガを負わせ、騒ぎを聞いた近隣住民が翌23日1時50分、110番通報した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る