エステ詐欺で3.4億円 シロガネーゼの騙し演技と悪辣手口

公開日:

「無料でエステが受けられる」とウソをついてローン契約を結ばせ、カードをだまし取ったとして、エステサロンの実質経営者、岡田真由美(44)、店長の田村未弥子(34=いずれも東京都港区)両容疑者ら女4人が6日、警視庁生活経済課に詐欺容疑で逮捕された。

 岡田容疑者らは会員制交流サイト「ミクシィ」に「美容に興味あり」と自分のプロフィルを載せて、若い女性に「友達になりませんか」とメッセージを送信。返事があった女の子を目黒の高級飲食店などに誘い出した。

 酒を飲みながらひとしきり身の上話を聞いた上、相手が心を許したところで「骨格が歪んでいるわよ。実は私、エステ店を経営しているの。人気店なんだけど、特別に無料でモニターを受けられるけど、どう?」と勧め、店に連れて行った。

 店内でビフォー、アフターの写真を撮影し、「どう? こんなに変わったでしょう? 続けた方がいいわよ」と勧誘。料金を尋ねると「300万円くらいかな」と高級エステを装い、「そんなに払えません」と断る女の子に「モニター契約なら、代金は会社が支払うから大丈夫よ」と説明していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る