• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エステ詐欺で3.4億円 シロガネーゼの騙し演技と悪辣手口

「無料でエステが受けられる」とウソをついてローン契約を結ばせ、カードをだまし取ったとして、エステサロンの実質経営者、岡田真由美(44)、店長の田村未弥子(34=いずれも東京都港区)両容疑者ら女4人が6日、警視庁生活経済課に詐欺容疑で逮捕された。

 岡田容疑者らは会員制交流サイト「ミクシィ」に「美容に興味あり」と自分のプロフィルを載せて、若い女性に「友達になりませんか」とメッセージを送信。返事があった女の子を目黒の高級飲食店などに誘い出した。

 酒を飲みながらひとしきり身の上話を聞いた上、相手が心を許したところで「骨格が歪んでいるわよ。実は私、エステ店を経営しているの。人気店なんだけど、特別に無料でモニターを受けられるけど、どう?」と勧め、店に連れて行った。

 店内でビフォー、アフターの写真を撮影し、「どう? こんなに変わったでしょう? 続けた方がいいわよ」と勧誘。料金を尋ねると「300万円くらいかな」と高級エステを装い、「そんなに払えません」と断る女の子に「モニター契約なら、代金は会社が支払うから大丈夫よ」と説明していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事