1冊29万円の写真誌も ロリコン古書店“逮捕覚悟”の錬金術

公開日:

 ロリコンの古書店がお縄になった。警視庁に摘発されたのは東京・神田神保町の古書店「湘南堂書店」の経営者・山田忠容疑者(77)ら3人。児童ポルノ写真誌を販売目的で所持したため、児童買春・ポルノ禁止法での逮捕となった。

 ビックリなのは、その値段だ。なんと1冊7000~29万円。昨年は80冊、300万円を、今年は2月19日までに10冊、55万円を売り上げたという。

「山田容疑者らは店の収入が少ないため、10年前からロリ本を販売。二十数年前に発売された1冊3000~4000円のロリコン雑誌を1000円ほどで買い集め、高い値段をつけて売っていた。人気があるのは小学校低学年の幼女。29万円の本は複数の幼女の裸が掲載された豪華本で、写真に名前と年齢を明記していました」(捜査事情通)

 山田容疑者らは客に「店での児童ポルノ購入について口外しないようにね」と口止めしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る