1冊29万円の写真誌も ロリコン古書店“逮捕覚悟”の錬金術

公開日:

 ロリコンの古書店がお縄になった。警視庁に摘発されたのは東京・神田神保町の古書店「湘南堂書店」の経営者・山田忠容疑者(77)ら3人。児童ポルノ写真誌を販売目的で所持したため、児童買春・ポルノ禁止法での逮捕となった。

 ビックリなのは、その値段だ。なんと1冊7000~29万円。昨年は80冊、300万円を、今年は2月19日までに10冊、55万円を売り上げたという。

「山田容疑者らは店の収入が少ないため、10年前からロリ本を販売。二十数年前に発売された1冊3000~4000円のロリコン雑誌を1000円ほどで買い集め、高い値段をつけて売っていた。人気があるのは小学校低学年の幼女。29万円の本は複数の幼女の裸が掲載された豪華本で、写真に名前と年齢を明記していました」(捜査事情通)

 山田容疑者らは客に「店での児童ポルノ購入について口外しないようにね」と口止めしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る