• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

千葉放火殺人の20歳 高校野球キャプテン時代の意外な評判

「高校時代は丸坊主だったのに、金髪になってすっかり印象が変わっていたので驚きました」

 千葉県印西市で17日に起きた放火殺人事件。殺人などの疑いで県警に逮捕された、職業不詳の仲内隼矢容疑者(20=東京都墨田区)の当時を知る関係者は複雑な表情を浮かべ、こう語った。他に逮捕されたのは、いずれも職業不詳の菅野弥久(20=住所不定)と交際相手の金崎大雅(20=印西市)両容疑者と、仲内容疑者の彼女で都内に住む少女(16)。

 事件を振り返る。

 殺害された海老原よし子さん(55)は5年前に母親を亡くして以来、一人暮らし。以前は警備会社に勤務していたが、足が不自由なため辞職し、生活保護を受給していた。一方、菅野容疑者は2年前、印西市に転居するが、家族とモメ、家出。仕事関係で知り合った海老原さんの自宅に転がり込み、一時、同居していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る