千葉放火殺人の20歳 高校野球キャプテン時代の意外な評判

公開日:

「高校時代は丸坊主だったのに、金髪になってすっかり印象が変わっていたので驚きました」

 千葉県印西市で17日に起きた放火殺人事件。殺人などの疑いで県警に逮捕された、職業不詳の仲内隼矢容疑者(20=東京都墨田区)の当時を知る関係者は複雑な表情を浮かべ、こう語った。他に逮捕されたのは、いずれも職業不詳の菅野弥久(20=住所不定)と交際相手の金崎大雅(20=印西市)両容疑者と、仲内容疑者の彼女で都内に住む少女(16)。

 事件を振り返る。

 殺害された海老原よし子さん(55)は5年前に母親を亡くして以来、一人暮らし。以前は警備会社に勤務していたが、足が不自由なため辞職し、生活保護を受給していた。一方、菅野容疑者は2年前、印西市に転居するが、家族とモメ、家出。仕事関係で知り合った海老原さんの自宅に転がり込み、一時、同居していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る