• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

覚醒剤で錯乱の山口組系組員 駆け込んだ先は警察署だった

「さっき、車の中でシャブ打ったんや。シャブやったから、頭がおかしくなっとる。誰かに追われとるんや。逃げなアカン。助けてくれや!」

 静まり返った深夜の警察署に駆け込んできたのは、シャブ中のヤクザだった。

 先月19日の午前1時30分ごろ、兵庫県姫路市に住む男(43)がひとりで、網干警察署に自家用車を乗り付けた。黒の短髪でジャンパーを羽織ったその男は、対応にあたった署員らにこう助けを求めたという。

 宿直していた刑事が男と接見し、覚醒剤による幻覚症状だと判断。氏名を聞いて照会したところ、指定暴力団山口組系組員と判明。尿を採取して鑑定し、陽性反応が出たため、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した。

「腕を調べたら注射痕が見つかった。何でも、シャブの前科が10犯以上あって、体にはリッパなモンモンが入っとったようや。結局、車の中からブツは見つからず、どこで打ったんか、どこで手に入れたんか、何もしゃべらへんそうや。ヘタなこと言うたら、組に迷惑がかかると思っとるんやろう。自分が極道やということも言うてへんみたいや」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る