覚醒剤で錯乱の山口組系組員 駆け込んだ先は警察署だった

公開日:

「さっき、車の中でシャブ打ったんや。シャブやったから、頭がおかしくなっとる。誰かに追われとるんや。逃げなアカン。助けてくれや!」

 静まり返った深夜の警察署に駆け込んできたのは、シャブ中のヤクザだった。

 先月19日の午前1時30分ごろ、兵庫県姫路市に住む男(43)がひとりで、網干警察署に自家用車を乗り付けた。黒の短髪でジャンパーを羽織ったその男は、対応にあたった署員らにこう助けを求めたという。

 宿直していた刑事が男と接見し、覚醒剤による幻覚症状だと判断。氏名を聞いて照会したところ、指定暴力団山口組系組員と判明。尿を採取して鑑定し、陽性反応が出たため、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した。

「腕を調べたら注射痕が見つかった。何でも、シャブの前科が10犯以上あって、体にはリッパなモンモンが入っとったようや。結局、車の中からブツは見つからず、どこで打ったんか、どこで手に入れたんか、何もしゃべらへんそうや。ヘタなこと言うたら、組に迷惑がかかると思っとるんやろう。自分が極道やということも言うてへんみたいや」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る