歯科医刺傷事件は女性の二股で起きた勘違いの惨劇だった

公開日:

 東京医科歯科大歯学部付属病院で昨年5月、歯科医の男性Aさん(当時41)が刃物で切りつけられた殺人未遂事件。元日本医科大生、渡辺祐介被告(31)の裁判員裁判の初公判が2日、東京地裁で開かれたが、渡辺被告の婚約者がAさんと“二股”をかけていたことが引き金になったようだ。

 起訴状などによると、渡辺被告は昨年4月、東京医科歯科大で歯科医をしていたBさん(当時28)と4年間の交際を経て婚約し、都内のマンションで同棲。渡辺被告が同5月7日に帰宅すると、Bさんの顔は紅潮し、明らかに動揺していた。寝室に入ると、掛け布団がめくれ、ベッドにはティッシュの固まりが……精液のニオイがした。Bさんの下着も散らばっていた。

 渡辺被告が「何があったか説明しろ!」と問い詰めると、「違う、違う」と泣きじゃくるBさん。渡辺被告はさっきマンション内ですれ違ったばかりの中年男性が、Bさんから以前「職場の上司」と紹介されたAさんと気づき、「すぐ電話しろ」と命じた。渡辺被告に怒鳴り続けられたBさんは、たまらず部屋を飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る