歯科医刺傷事件は女性の二股で起きた勘違いの惨劇だった

公開日:

 東京医科歯科大歯学部付属病院で昨年5月、歯科医の男性Aさん(当時41)が刃物で切りつけられた殺人未遂事件。元日本医科大生、渡辺祐介被告(31)の裁判員裁判の初公判が2日、東京地裁で開かれたが、渡辺被告の婚約者がAさんと“二股”をかけていたことが引き金になったようだ。

 起訴状などによると、渡辺被告は昨年4月、東京医科歯科大で歯科医をしていたBさん(当時28)と4年間の交際を経て婚約し、都内のマンションで同棲。渡辺被告が同5月7日に帰宅すると、Bさんの顔は紅潮し、明らかに動揺していた。寝室に入ると、掛け布団がめくれ、ベッドにはティッシュの固まりが……精液のニオイがした。Bさんの下着も散らばっていた。

 渡辺被告が「何があったか説明しろ!」と問い詰めると、「違う、違う」と泣きじゃくるBさん。渡辺被告はさっきマンション内ですれ違ったばかりの中年男性が、Bさんから以前「職場の上司」と紹介されたAさんと気づき、「すぐ電話しろ」と命じた。渡辺被告に怒鳴り続けられたBさんは、たまらず部屋を飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る