歯科医刺傷事件は女性の二股で起きた勘違いの惨劇だった

公開日:

 渡辺被告が友人らに相談すると、「婚約したばかりで、おまえが帰ってくる部屋でそんなことをするか?」と諭され、渡辺被告は「(Aさんから)無理やりセックスさせられたに違いない」と思い込んでしまう。Aさんの職場での立場が悪くなるように顔に傷をつけてやる、と決意したという。

 渡辺被告は2日後の同5月9日、Aさんが非常勤で働いていた歯学部付属病院に侵入し、Aさんの首や腹などを牛刀やペティナイフで刺して約3週間のけがを負わせたが……渡辺被告は「(Bさんが)浮気したと分かり、心から反省している。(Aさんが)セックスを強要したと思い込んだ。申し訳ない気持ちでいっぱい。殺意はなかった」などと供述したという。

 供述調書によると、当のBさんは「(Aさんから)関係を強要されたと勘違いし、私を守るために刺し、そこまで(渡辺被告を)追い詰めてしまったかと思うと、心が痛んでいる」という内容の話をしているそうだ。

 何だか3年前に起きた「弁護士局部切断事件」に構図が似ているが、女性に振り回される男の末路は哀れなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る