太もも貫通も半笑い…警官発砲の不審男は薬物中毒だった

公開日:

 怪しい男はやはり「中毒者」だった。

 先月18日、大阪市都島区のJR京橋駅近くの交差点付近で、職務質問した男がバタフライナイフを振りかざし、警察官が拳銃を発砲した事件。府警は12日、公務執行妨害と銃刀法違反の罪で起訴された住所不定、無職の井手尾浄太被告(25)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕した。逮捕後の任意の尿鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たことから、2月8~18日の間に使用した疑いが持たれている。

 井手尾被告は調べに対し、「覚醒剤以外の薬物を使ったことはあるけど、覚醒剤を使った覚えはない。なぜ反応が出たのか分からへん」と容疑を否認しているという。

 事件は日曜日の正午前、駅から北に約150メートルの繁華街で起きた。パトカーで巡回中の府警都島署員が、不審な2人組を発見。男性巡査長(38)が車から降り、「ちょっと話、聞かせてくれへんかな」と呼び止めたが、井手尾被告は「殺すぞ、任意やろ」と取り合わなかった。続けて「持ち物見せてくれへんか」と声を掛けると、刃渡り9・5センチのバタフライナイフを取り出し、「殴るぞ、殺すぞ」と叫びながら、向かってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る