• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

太もも貫通も半笑い…警官発砲の不審男は薬物中毒だった

 怪しい男はやはり「中毒者」だった。

 先月18日、大阪市都島区のJR京橋駅近くの交差点付近で、職務質問した男がバタフライナイフを振りかざし、警察官が拳銃を発砲した事件。府警は12日、公務執行妨害と銃刀法違反の罪で起訴された住所不定、無職の井手尾浄太被告(25)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕した。逮捕後の任意の尿鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たことから、2月8~18日の間に使用した疑いが持たれている。

 井手尾被告は調べに対し、「覚醒剤以外の薬物を使ったことはあるけど、覚醒剤を使った覚えはない。なぜ反応が出たのか分からへん」と容疑を否認しているという。

 事件は日曜日の正午前、駅から北に約150メートルの繁華街で起きた。パトカーで巡回中の府警都島署員が、不審な2人組を発見。男性巡査長(38)が車から降り、「ちょっと話、聞かせてくれへんかな」と呼び止めたが、井手尾被告は「殺すぞ、任意やろ」と取り合わなかった。続けて「持ち物見せてくれへんか」と声を掛けると、刃渡り9・5センチのバタフライナイフを取り出し、「殴るぞ、殺すぞ」と叫びながら、向かってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る