逮捕歴10回以上 常習スリ「ハコモサのヤス」90歳父の嘆き

公開日:

 学生証を見て妄想が膨らんだのか。電車内で20代女子学生の鍵を盗んで自宅に侵入し、パンティーなど100点を盗んだ「コソ泥」が御用だ。

 窃盗(スリ・空き巣)と住居侵入の疑いで14日、埼玉県警に逮捕されたのは同県川口市の建築作業員、安瀬安四郎容疑者(60=詐欺罪で起訴)。

 昨年12月5日午前9時46分~10時ごろ、京王「井の頭線」の電車内で専門学校の女子学生のコートのポケットから、自宅の鍵とクレジットカードが入ったカードケースをすり取った。中に入っていた写真付きの身分証を見た安瀬容疑者は同日、東京都世田谷区に向かい、合鍵を使ってマンションに忍び込み、女子学生のパンティーやブラジャーなど約100点を盗んだとされる。

「安瀬容疑者の自宅からは下着の他、クオカードや図書カード、財布などが大量に見つかった。時刻表を使って犯行計画を立てていたようで、明大前―渋谷駅の中間の下北沢駅の時刻の下にアンダーラインが引かれていた。『大胆に強引にやる』『最後まであきらめない』と書かれたメモもあった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る