• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

埼玉の女性はAV女優にされ…SNSワイセツなりすましの恐怖

 誰かが自分になりすましたせいでAV女優にされた――。こんな被害を受けた女性の裁判が注目を浴びている。

 被害者は埼玉県に住む飲食店経営の女性。昨年6月、女性のフルネームと住所の市区町村名を明記したツイッターを何者かが開設し、AV女優の写真を掲載した。

 女性は9月11日にアカウントの削除を求めてさいたま地裁に提訴。ツイッター社は「(アカウントの)全削除をすれば、将来の表現手段まで不可能になる」と反論したが、10月3日、地裁はアカウントごとの削除を命じた。この判断にツイッター社が異議を申し立てたためアカウントはそのまま残ったが、12月になって削除された。誰が削除したかは分かっていない。

 被害女性の代理人の田中一哉弁護士は「女性とAV女優が同一人物と思われかねない内容でした」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る