埼玉の女性はAV女優にされ…SNSワイセツなりすましの恐怖

公開日:

 誰かが自分になりすましたせいでAV女優にされた――。こんな被害を受けた女性の裁判が注目を浴びている。

 被害者は埼玉県に住む飲食店経営の女性。昨年6月、女性のフルネームと住所の市区町村名を明記したツイッターを何者かが開設し、AV女優の写真を掲載した。

 女性は9月11日にアカウントの削除を求めてさいたま地裁に提訴。ツイッター社は「(アカウントの)全削除をすれば、将来の表現手段まで不可能になる」と反論したが、10月3日、地裁はアカウントごとの削除を命じた。この判断にツイッター社が異議を申し立てたためアカウントはそのまま残ったが、12月になって削除された。誰が削除したかは分かっていない。

 被害女性の代理人の田中一哉弁護士は「女性とAV女優が同一人物と思われかねない内容でした」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る