埼玉の女性はAV女優にされ…SNSワイセツなりすましの恐怖

公開日:

「犯人が自宅のPCでなりすましたのなら警察も特定できますが、ネットカフェのPCで匿名化ソフト『Tor』を使われたら、捕まえるのは一苦労です。ツイッター社は米国の企業だから、言論の自由を守るという名分のもとに簡単にアカウントを削除してくれません。被害を防ぎようがないのです」(井上トシユキ氏)

「警察に届けたら仕返しされる」と心配して泣き寝入りする女性も多いという。困った現実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る