• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性に自著贈り…警官に逆ギレした“ストーカー作家”の正体

「道場行こうや!」「勝負しようや!」「このアホ! ボケ!」「税金ドロボー!」

 警察官に逆ギレして胸ぐらをつかんだ「無名作家」が御用だ。

 公務執行妨害の疑いで21日、兵庫県警に逮捕されたのは同県小野市在住の自称・作家の小林哲也容疑者(54)。21日午前9時半ごろ、小野署生活安全課の事情聴取後、男性警部補(54)に暴言を吐いた上、いきなり胸ぐらをつかんで顔を突き上げたとされる。

「小林容疑者は同市内で勤務する20代の女性Aさんに一方的に好意を寄せとった。Aさんは人と接する仕事をしとって、小林容疑者も客のひとり。何の関係もなかった。Aさんに勝手に入れ揚げた小林容疑者は2月ごろから頻繁に職場を訪れては、チョコレートや花束をプレゼントしただけでなく、調子に乗って売れない自分の本まで“謹呈”しとった。用事がなくても突然、押し掛けたり、『電話してえや』と迫ったり、時には職場の前で待ち伏せまでしとったそうや」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る