• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本は狙われている…マレーシア偽造カード詐欺団の正体

「日本における最近の外国人犯罪の“双璧”は中国人とベトナム人。まだごく少数とはいえ、そこにマレーシア人まで加わったら…2年後の東京五輪が心配です」と警視庁関係者はタメ息をつく。

 マレーシアの偽造カード詐欺グループの一味が詐欺未遂などの疑いで御用だ。

 22日までに警視庁組織犯罪対策特別捜査隊に逮捕されたのは、住所、職業不詳でマレーシア国籍の男、タン・スィー・アイク容疑者(30)と、同女のチャン・ムン・イー容疑者(25)。2人とも「私の知らないことです」などと容疑を否認しているという。

「タン容疑者らは同じマレーシアの詐欺グループの一味で、日本で行動しているのは7人のようです。ただ、マレーシア本国にはまだ“指南役”が潜んでいるらしい」(捜査事情通)

 タン容疑者は1月28日、詐欺グループの別のメンバーの女Aに指示を出し、東京・渋谷の百貨店内にある高級ブランド店で偽造のクレジットカードを使ってバッグなど5点(37万3000円相当)をだまし取ろうとした疑い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る