盗撮に押収AV盗みに不倫も 大分エロ巡査部長の“異常性癖”

公開日:

「エロ」どころじゃない。「エロエロポリス」だ。

 わいせつ事件の捜査資料のアダルト動画を盗んだほか、女性のスカート内を盗撮したとして、大分県警は22日、臼杵津久見署の30代男性巡査部長を県迷惑行為防止条例違反、窃盗容疑などで書類送検した。この巡査部長Aは今年1月、大分市内のリサイクルショップやスーパーで女性3人の下着をスマートホンで撮影した疑い。

「別の盗撮事件でスーパーから相談を受けていた捜査員が、店の防犯カメラの画像を確認したところ、見覚えのある男が映っていた。捜査員は以前、Aと一緒に仕事をしたことがあり、『似ているヤツを知っている』とピンと来たそうです。Aは生活安全課に所属し、盗撮事件なども担当していたため、手口などに関しては詳しかったはずですが、防犯カメラがあることに気づかなかったのだから、抜けています。カメラには、Aが女性の背後でかがみながらスカートの中にスマホを差し入れる様子がバッチリ映っていました。スマホには数十枚の盗撮画像があり、本人は『数十回やった』と盗撮を認めているそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る