• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米当局が闘鶏で137人逮捕 押収されたニワトリ200羽の行方

 米アーカンソー州南西部デ・クイーン近郊で今月17日、地元セビア郡保安官事務所、アーカンソー州警察、米移民・関税執行局(ICE)などが共同で、非合法の「闘鶏」組織の“壊滅作戦”を実施した。ちなみに米国での闘鶏とは、鶏を死ぬまで戦わせ、どっちが勝つか賭けるギャンブルだ。

 1年半に及ぶ入念な捜査の結果、主催者や参加者など闘鶏に関わっているのは30~40人程度だろうと予想されていた。しかし、23日付の米紙スターテレグラム(電子版)によると、実際にこの日の一斉摘発によってナント137人が逮捕された。写真は、摘発現場で身柄を拘束された容疑者たちだ。

 予想をはるかに超えた“大戦果”だが、これに頭を抱えているのが、地元で唯一の拘置施設、セビア郡刑務所を管理する同保安官事務所だ。容疑者の大半は保釈されたが、それでも刑務所はほぼ満員。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る